JASVブログ第78回

みなさん、こんにちは。栃木県フォーピッグ那須の福山です.

野津手先生のブログを拝見し思う事。今年で若干31歳となる小生ですが生意気な発言を重々承知の上で言いますと、仕事をやって行く中で様々な不安や苦労もありますが目の前にある課題に対して一生懸命にがむしゃらに取り組み着実にクリアーしていこうとすれば、不安を覚える暇もなくいつの間にか成長していくと思います.そしてこの仕事が天職であったと認識できるようになっていくと思います。小生は大学卒業後1年で周囲の方々の多大な援助を受けて養豚専門獣医師として開業しましたが、現在は皆様のお陰で着実に契約農場と収入も増やしてこれました。毎日ではないですが、仕事が終わった後に「今日は楽しかったなあ、今日は充実していたなあ」と胸の内に込み上げてくる事があります・・・まあ、そんなこんなで今まで続けてこれたように思います。話にまとまりがなくなってきましたが、養豚に携わる若い皆様、頑張ってください!!(最近の歌謡曲で「がんばらなくてもいいよ」というフレーズをよく聞きますが、私は反対です.とにかく汗まみれになって頑張れ!と言いたいですね)

まだまだ過去を振り返るつもりはありませんので、豚の話を少し.豚の肥育期間の飼養管理で一最も発生しやすい疾病は咳などの肺炎です。この肺炎を防ぐ為に一番大事なことはなんでしょうか?温度、湿度、換気、餌、水の管理は当然のことです。肺炎を防ぐには『豚舎内のをいかに少なくするか」これにかかっていると最近富みに感じます.豚舎内の埃が少なく豚が動いても埃が舞い上がらない豚舎はおしなべて肺炎が少なく豚の発育が極めて良好です。掃除する時間がない、人手がない、そんな言い訳も聞こえてきそうですが是非「豚舎内の埃」これを最重要管理点として今後の肥育管理をしてみてはどうでしょうか。

写真;参考写真ではありませんが、この写真「豚舎内の空気より外の空気が美味しいなあ」ってicon思ってる気がしませんかicon

 

 

 

IMG_0559.JPG

JASVブログ第77回

こんにちは、あかクリの水上です。

入梅したにも関わらず雨が降らない日が続き、今夏は節水制限がでないか心配になっています。去年いつ梅雨が終わったか分からなかったように、はっきりとした季節の区切り目が分からなくなっていますね。(追記:そんなことを書いていたら立て続けに土砂降り…iconicon

 

さて、まずはおめでたいニュースからicon。それは、当クリニックの獣医師が先月結婚されましたicon
「おめでとーございます!!」
最近周りでハッピーなニュースがなかったものですから、これは非常に喜ばしいことです。あかクリスタッフはもちろんのこと、診療などで伺っている農家の方々からも祝福の声をいただいています。そうなると未婚の人間
(=私)に「彼女いないの?」などといった話が来るわけで、きっとありがたいことなのでしょうが、そこは本人の考えがうんたらかんたら…icon。しばらくは仕事一筋ってことでお願いします。

 

前回渥美半島でも勉強会があると言っていましたが、仕事の都合上残念ながら参加できませんでした。こちらの地域では情報を得る機会はかなりの頻度であるのですが、折り合いがつかないものですね。それでも78910日の3日間開催される「国際養鶏養豚総合展(IPPS)これはなんとか行くつもりでいます。前回の開催が2001年、8年ぶりの開催になります。出展団体もかなりの数があり、「この総合展は、養鶏・養豚に関する展示会としてはわが国最大のもの」と謳われています。関東・関西どちらからも近いので全国の方々とお会いできることを楽しみにしていますicon

国際養鶏養豚総合展HP http://jlia.lin.go.jp/ipps/

 

(文脈が石関先生のパクリですね~icon

JASVブログ第76回

皆さん、こんにちは。以前のブログでも書きましたが、今年3月一杯で㈲バリューファーム・コンサルティングを退職し、4月から宮崎県で独立しました、野津手家畜診療所の野津手です。独立後初のブログという事もあり、ちょっと緊張してます。。。

 

獣医になろうと決めた時から、「いつかは必ず独立するぞー!」と心に決めていましたが、いざVFCを飛び出して一人になってみると、「これからどうしよう?宮崎は生まれ育った土地とは言え、仕事をするのは初めての土地。何にも分からない状況で新規の仕事があるのだろうか?」という不安と焦りに襲われました。焦ったってしょうがないと自分に言い聞かせてはいるものの、何か妙に焦ってる自分がいて、やや情緒不安定になっていたと思います。でも焦るだけ焦ったら疲れちゃったし、また色々な方から、「焦ったって仕方ないよ。大丈夫、大丈夫。」との言葉を頂いて、今では少し落ち着きを取り戻しています。

 

それにしても、独立して感じた事は、VFC呉先生や社員の方々は勿論のこと、JASVの先生方を始め、その他の先生方、お世話になった業界の方々が親身になって相談に乗って下さったり、励まして下さることの有難さ。皆さん本当に懐が深くて、ここまでやって下さるのか!と驚くくらい、感謝以外の言葉が見つかりません。また、家族や友達、そのご家族の方々にも心から感謝です。改めて、自分1人では何も出来ない事を知ったと同時に、周りの方々に支えられて今の自分がいるのだなと実感しました。このご恩を忘れず、将来は私も誰かを支えられる様な人間になれるよう、頑張っていこうと思っています。

 

現在は、これまでの引継ぎの仕事をメインにやらせて頂いてます。ところが先日、兄を窓口に2件ほど話を聞きたいと仰られる養豚家さんが現れ、一先ず農場に伺ってきました。もし話しが纏まるようであれば、またお伝えしようかなと思ってます。

それでは、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

野津手

玄関.jpg棚.jpg

JASVブログ第75回

こんにちは!

サミットベテリナリーサービスの石関紗代子です。icon

 

みなさんお元気ですか?

先日はつくばにてサミット・VFCジョイントセミナーが開催されました

当日いらっしゃって下さった皆様、どうもありがとうございました!

そしてお手伝いいただいた野津手先生、ありがとうございました!icon

 

このブログでも宣伝させていただきましたので、大盛況となったことをご報告しようと思います!icon

 

当日は、養豚の病気に関わる経済的なデータを分析した講演が盛りだくさんでした!

呉克昌先生と石川弘道先生は、長年のご経験を凝縮して現場から見た病気と衛生管理の経済評価について、ご発表下さいました。そして山根逸郎先生と纐纈雄三先生をお招きして、PRRSの経済被害と、米国のベンチマーキングデータから学ぶことに関してのご講演をいただきました!

関係者も含めると200人を超える、たくさんの方が聞きに来て下さいました!

あらためてありがとうございました!icon

私も普段以上に頭がフル回転!

とても内容の濃い1日でした!icon

 

今度は10月に同じ会場で開催されるAPVSに向けてギアチェンジです!

ついでにAPVSについて少々ご紹介しますicon

APVSは獣医師の先生方を対象とした様々な講演はもちろん、生産者の方向けのセミナーも用意されているようです!

ご近所なのに、お恥ずかしながら私はほとんどアジアの各国の養豚事情を知らないので、この機会を楽しみにしています。

プログラムを見ると欧米からも先生が招かれるようですので、アジアにとどまらない世界学会ですよね!icon

ちなみに開催期間は102628日です!

ご参考まで↓

http://www.apvs2009.org/

 

それでは、また次回お会いしましょう!icon

 

サミットベテリナリーサービス

 

石関 紗代子