JASVブログ101回目

 あかクリの水上です。書き始めた当初、このブログが100回を超える日が来るとは考えてもいなかったと思います。月日が経つことは本当に早いですね。それにあっという間に2月も終わってしまいました。何をしていたのか覚えていないくらい早いです。今、非常に充実しているから時間が経つのが速いのかなと思います。ただ疲れているだけってことはないはずicon

 さて、今時分大学ではテスト期間、もしくは春休みに入っている頃だと思います。その時間を使って、あかばね動物クリニックには先週2人の実習生が来てくれました。今週も1人実習生が来ています。みなさんJASVとの繋がりから来ています。こうしてみると今まで産業獣医師に関する情報を発信してくれる場所が少なかったことがよくわかります。それに加えて、今は産業動物獣医師希望の学生には奨学金制度があります。この2つのことで学生さんたちが実習しやすくなっています。

1002実習生.jpg

 私の在学時、大学では小動物を中心に授業が行われていて、所属研究室によっては産業動物に接する機会すら失っていると思いました。その状況では共済などの大動物診療やJASVの諸先生方のコンサルタント業がどういったものなのか知ることもできません。授業の単位が絡まない実習は気が進まないかもしれないですが(私がそうでしたicon)、大学では体験できないことがたくさんあります。学生さんには研究室などで時間がとられてしまう前に、是非いろいろな所に研修してもらえたら良いかと思っています。

 

 さて、今週になりましたがJASV主催の衛生セミナーが3月4日に開催されます。申し込みはすでに締め切られてしまっているようですが、今回も多くの先生方から様々な情報提供があるようなので楽しみにしています。今回も学生さんたちが多数参加する様です。夕方からは懇親会もあり、充実した一日になりそうです。

JASVブログ100回目

みなさまこんにちは。VFCの奥村です。新年早々にサミットの石関さんから「ブログよろしくねicon」とやさしく催促されていたにも関わらず…2010年も、気づけば1カ月半が瞬く間に過ぎていまして。こんなに遅い投稿になってしまいました、すみません。しかも今回はこのブログ、100回目という節目だそうで…ますます恐縮しておりますicon

 

 

この仕事についてようやく2年が過ぎようとしています。この2年間はとにかく仕事を覚えることで精一杯、ほんとに「いっぱいいっぱい」という感じで、気づけばほとんど周りを見る余裕がなかったなあ、というのが本音です。3年目を迎える今年は、もう少し自分自身の気持ちにゆとりをもてるようになりたい、というのが希望であり目標でありますicon

 

戸田港.JPGさて、100回記念ということで…景気よく初春の富士の写真など掲載してみました。正月に静岡の実家へ帰った帰りに、西伊豆の戸田(へだ)へ立ち寄ったときの露天風呂からの眺めです。こんなに美しい富士山を見たのは静岡県出身でありながら初めての経験でした。よく銭湯にはこんなペンキ絵が描かれていますが、正月の清々しい空気の中で本物を見ながら湯につかる気分は本当に最高でした。いまは世界中のきれいな風景をテレビやインターネットで簡単にみることができますが、やはり本物には言い尽くせない感動があります。

 

カニ.JPGちなみにこの戸田という港町は、タカアシガニという世界最大のカニが名物とのこと。温泉に入ったあと町をぶらぶらしていると、料理屋の前にはカニがいっぱいつまった生け簀があちこちに。「食べてみたいね」と夫と二人、店に入りメニューを見ますと「タカアシガニ 1パイ16000円カラ」・・・迷わずアジの刺身定食を注文。本物を体験するのはお金と勇気も少々必要です。

 

バリューファーム・コンサルティング 奥村