JASV ブログ 第148回

今年もいよいよ、残すところ3日となりました。寒さが厳しくなってきましたが、皆様元気に年の暮れをお過ごしでしょうか。

栃木県那須塩原市在住、最近は「疲れた」と「忙しい」を禁句にしている福山です。ちなみに「疲れた」と言いたい時は「よく働いた」、「忙しい」と言いたい時は「仕事が立て込んでいる」と表現しています。

「We can change」をスローガンにアメリカのオバマ大統領が就任してから、早3年が経ちました。

定期的に養豚場を訪問していると、毎回必ず何らかの変化が見られ実に楽しいことです。それは毎回私から改善点を提案していくので、それを参考に農場が変化していくこともあります。このような変化を見れば獣医師と農場の信頼関係は高まり、私自身の充実感にもつながります。一方で農場の方が自発的に大きな変化をもたらした場合の驚きと感動は一入(ひとしお)であります。先日感動したのは、ある農場の事務所(休憩所)が大変整理整頓されていたことです。この農場ではついこの前まで、休憩所に猫は好き放題出入りする、事務所内は土足、要らないガラクタが所狭しと積み上げれている状態でした。このような事務所が、猫は進入禁止、土足厳禁、ガラクタは整理されていたのです。このような良い方向への変化は見ていて実に気持ちのよいものです。この変化を見て「You can change」と心の中で叫んでいました。これは私以上に農場の方々が「We can change」と感じたのではないでしょうか。そんなことを考えているとオバマ大統領の掲げた「We can change」の意義の深さが何となく理解できた気がしました。

今年の私の”change”は、病院にスタッフが1人加わったことです。スタッフと行っても私の妻なのですが、給与を支払い事務処理や検査業務等を担当してくれました。病院を開設して今年で8年になりますが、念願の忘年会を開催することができるようになりました!嬉しい〜!今までは独りでやっていたので忘年”会”というのを行うことができませんでした。仲間がいるっていいですね。

私の仕事の目標は常に①「PRRSの陰性化(陰性農場ではその維持)」②「受胎率90%以上」③「離乳後事故率5%未満」です。これを達成するために来年は「リーンメーターによる母豚の背脂肪厚の測定」と「母豚のワクチン接種は腰部」これをプッシュしていきたいと思います。それと個人的な目標は「休日を取って家族との時間を確保すること」大雑把すぎるかなあ、具体的には・・・もう少し熟考します。

それでは、よいお年をお迎えください。