JASVブログ第154回

 

みなさん、こんにちは!高橋とんとん診療所の高橋です。

 

ここ北海道もようやく雪解けが始まりました。この時期は、ポカポカと暖かい日もあれば雪のチラつく寒い日もあり、それを繰り返しながら春に近づいていきます。こういう天気が不安定な時期は豚舎の方も細やかで慎重な管理を心掛けなきゃいけませんね。

 

2月の終わりごろですが、北海道農場HACCP研究会が開催されました。それまでは家保の先生方を中心とした十数名ほどの研究会だったのですが、今回は80名余りの参加者となり、農場HACCPへの関心の高さがうかがえました。養豚、養鶏、乳牛、肉牛と様々な農場の取り組み、また農場HACCPで使用する資料を作る上でのコツなど実践で役立つ内容が多く、とても充実した会となりました。2次会では異なる畜種で普段は交流のない生産者同士の会話も弾み、中でも私が興味を持ったのは、ある生産者からの一言でした。「同業種間の集まりはよくあるが、実際みんな本音で自分の農場の中身を相談できるわけではない。でもこうやって異業種だと、逆に腹を割って色々と胸の内を話せるもんですね。」なるほどなぁ…と思いました。これも様々な業界、業種の人が関わりを持つことのできる農場HACCPの魅力の一つかもしれません。

 

 

話は変わりますが、つい先日のこと。私の旦那さんが農場内の工具置き場や事務所のデスク周りをいつもより丁寧に整理整頓していました。どうしたものかと問いただしたところ、先日参加したセミナーで講師でいらしていた石関先生が農場内の整理整頓についてお話されたそうで…「美人の先生に言われると何だかやる気がでちゃって」と言っていました。「あの~、普段から私も口すっぱく言ってましたけど!?」と思うのと同時に、夫婦間の内部コミュニケーションを改善せねば!と感じる今日この頃です(笑)

JASVブログ第153回

皆さまこんにちは☆

サミットベテリナリーサービスの石関紗代子です。

 

私事ですが、2012226日(日)の日本農業新聞に、私のことを紹介していただきましたので、ご報告いたします。

 

非常にわかりやすく仕事の内容をまとめていただいて、さすが新聞記者の方は文章力が違います。私も見習いたいです。この記事は「仕事」に着目しているので、学生さんにもぜひ読んでいただきたい内容になっています。

 

このような形で紹介していただけたことも、いつも皆さんが応援して下さっているおかげだと強く感じます。皆さんが応援して下さることが、私のモチベーションになり、原動力になっています。この場をお借りしまして、皆さまにあらためまして感謝申し上げたいと思います。いつも本当にありがとうございます!

まだまだ未熟者ですが、日々を楽しみつつ挑戦しつつ、少しずつ前に進んでいきたいと思います!


日本農業新聞2012年2月26日極小.jpg

 

ちなみに日本農業新聞のホームページでも見られますよ~!(会員登録無料)

http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=12333#hinto

 

()サミットベテリナリーサービス

石関 紗代子

posted by JASV at 13:13home