JASVブログ第160回

皆さんこんにちは、あかばね動物クリニックの水上です。

 九州では集中豪雨が頻繁に起き(九州北部豪雨と命名されたとのこと)、様々なところで事故が起きていると聞き及んでいます。亡くなられた方にご冥福をお祈り申し上げます。

 逆にアメリカでは四半世紀ぶりと言われるほどの猛暑・干ばつが発生して、特に中西部の穀倉地帯ではすでに広範囲での不作になると言われています。飼料価格の動向が非常に気になります。

このように世界各地で異常気象が発生している真っ只中、日本の今夏は「節電の夏」になります。関西、北海道、四国、九州の電力会社圏内では計画停電の可能性があり、他の地域でも節電が求められています。

停電になった時に備えて準備されているものとして発電機があります。こちらの地域でも数年前の台風を機にもう一度停電時に備えて持とうという話が出ていました。ただ購入した後も定期的に動かしていないと、いざ必要になった時に「修理が必要」なんてことにならないようにしておきましょう。

発電機 LEDライト

他に節電対策の一つとしてLED照明があります。家庭用だけでなく畜産向けの商品も出てきています。電気消費量が少ないことも重要ですが、何より「切れない(交換する必要がない)」ことが良いようです。私はまだ実物を見たことがありませんが、期待が膨らみます。

 

余談になりますが、愛知県は太陽光発電システム設置件数全国一位!(日照時間が長いため)。加えて田原市に国内最大規模の太陽光・風力発電所建設予定ということで、気候に合った対応をとっているようすです。

風力発電 太陽光発電

 

posted by JASV at 19:22Comment(0)home