JASVブログ第187回

みなさまこんにちは。

㈱ピグレッツの森野です。遅まきのごあいさつになりますが、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

こちらに入社し、あわせて千葉に引っ越して半年以上が経ちました。

千葉にも、養豚にも少しずつ慣れてきているところです。

 

そしてあらためて感じること・・

豚って、たくさん子供を産むんですよねぇ。

 

豚の世界にずっといらっしゃる方には「え?」というくらい当たり前のことかと思いますが

哺乳類の中で、一度の出産で産まれる子供の数は、豚が圧倒的にナンバーワン!(きっと)

 

「ねずみ算」とか「ねずみ講」などの言葉もあるくらい、たくさん増えると思われているハツカネズミでも、一度に産むのは1012匹程度だそうです。

品種改良を受けているとはいえ、豚なら12匹分娩なんてごく普通ですよね。

20匹近く産んでくれる豚も見かけます。

 

そんなことから、多産多幸、家庭の幸せのシンボルとして、世界中で豚は縁起のいい動物とされているようです。

ドイツ語では、思いがけず良い事があった時「Schwein haben」(ぶたを手に入れた)、運が良かった「 Schwein gehabt」(ぶたを持っていた)と言うそうです。

貯金箱モチーフも、典型的なのは豚のかたちをしたもの。

 

それくらい、豚は「繁栄」のシンボルなのに、なかなか発情が来ない豚、発情が来ても種がつかない豚もいます。

 

先日訪れた農場も、離乳して1ヶ月以上も経つのに次の発情がわからない豚が何頭もいて困っている、とのこと。

直腸検査をして、子宮頸管や卵巣の状態を探ってみることにしました。

 

検査をしているメス豚のおとなりには、黒々とした剛毛がわんさか生えている、たくましきデュロック種のオスくんがいます。

発情のわからないメスたちにフェロモン刺激を与えてくれる大事な存在ですが

ふとメス豚の気持ちになってみて・・・

自分は白い肌ですらりとしたLW種なのに、黒い剛毛のむきむきデュロックにときめくのだろうか・・

それとも異国人(豚)な雰囲気が、乙女心を刺激するのかも・・

などど、とぼけたことを考えながら検査をしておりました。

 

でも、自然界ではふつう、繁殖のパートナーを選ぶのはメスのほう。

交配させるときや「あてオス」としてオスと接触させるとき、メス豚が「こんなオスいやだ!」と感じていることもあるんじゃないかしら・・

 

ブタは家畜で、人間が管理している生き物です。

種付け→妊娠→出産→離乳→次の種付け・・・と、まるでオートメーションのコンベアに乗せられたように、次々とステージをわたっていきます。

でも本来は私たちと同じ生き物で、感情もあるし個性もあります。

そして、ブタ本来の自然なすがた、というのもあると思います。

 

子孫繁栄のシンボルになるような存在の豚が、「不妊に悩む」なんてことは、本来のすがたではないのでしょう。

なかなか発情が来ない豚、発情が来ても種がつかない豚

そこには、本来のすがたでいるのを阻んでいる「何か」があって

それをきちんと見つけ出せるようにならなければいけないなぁ・・・

 

と、ちょっとブタになった気持ちで考えていたのでありました。

 

ちなみに私は、

むきむき剛毛ではなく、まだ毛の柔らかい感じのずんぐりしたデュロックが好きです(見た目的に)。

かわいいですよね! 

JASVブログ第186回

 

みなさん明けましておめでとうございます!()サミットベテリナリーサービスの渡部 佑悟です!今年もどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 最近はめっきり寒くなってきました。

 

僕が群馬に来てから初めての冬を迎えました。僕は大学が岩手だったので寒いことには慣れていると思っていたのですが、群馬の寒さはまた別だと痛感しています。それはいわゆる“赤城おろし”というもので、これは群馬県中央部から東南部において、冬季に北から吹く乾燥した冷たい強風のことです。

 

この“赤城おろし”のため、気温はそれほど低くなくても体感温度はかなり下がります。あまりに風が冷たいので肌が痛くなります。屋外で解剖している時にこの風が吹くと手が震えてうまくできません。今年2014年は解剖をスピーディーかつ効率的に行う方法を研究したいと思います。

 

 

 

 さて、水上先生が書かれていますが、去年の12月に麻布大学で豚病症例検討会がありました。僕もそこでヘリコバクターに関する症例を発表させていただきました。

 

 

 

とにかく緊張しました。

 

 

 

他の先生方の素晴らしい発表にプレッシャーを受けずに済むので、症例発表のトップバッターでラッキーだと思っていたのですが、初めてなので会場の空気が分からず緊張してしまいました。今思うと発表を聞かれていた先生方はとても優しく、温かい目で見守ってくださっていたと思うのですが、そのことを感じる余裕がありませんでした。

 

 発表は練習通りのことを言うだけですので問題ありませんでしたが、質疑応答の時には頭が真っ白になって全く質問に答えられませんでした。中には想定していた質問もあったのですが、その時には相手の先生が何をおっしゃっているのか分からず、とても悔しい思いをしました。

 

 今年の予定はまだ分かりませんが、機会があれば相手の質問の意図を十分に考え、自分の考えてきた考察を自信を持って言えるようにしたいと思います。そのためにも毎日のコンサルの中で農家さんとしっかりコミュニケーションをとり、精一杯回答をすることで養豚コンサルタントとしても成長したいと思います。

 

 

 

今年は農家さんにも新入社員が入り、養豚界での後輩が入ってきます。彼らに負けないように精進したいと思いますので皆様どうぞご教授よろしくお願いします!!

 

 

 

JASVブログ第185回

 

 

JASVブログをご覧の皆様、あけましておめでとうございます。

エスエムシー株式会社の谷口笑子です。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

先日、豊浦獣医科クリニックの古市先生に同行させていただき、エスエムシー株式会社の高橋先生と弊社の付属農場の女性従業員の大工さん(←お名前です)の合わせて4人で試験の採材をするために、千葉にある農場にお邪魔させていただきました。検査室での業務が中心である私にとって、農場に入る機会はほとんどなく、とても貴重な時間でした。

 

今回は、育成仔豚と肥育仔豚2ステージの鼻腔スワブと便の採材でした。作業は保定をしている間に、一人が鼻腔の採材、もう一人が直腸便の採材という形で順番に行いました。私自身豚の保定は今までに何度か経験していたのですが、鼻腔スワブの採材や直腸便の採材は未経験で、今回特に鼻腔からのスワブの採材に苦戦してしまいました。育成豚では鼻腔も小さく、個体差もあるためになかなかスムーズに綿棒を差し込むことが出来ず・・・豚へのストレスを考えても手短に進めなければ・・・と気持ちばかりが焦ってしまいました。回数を重ねるにつれて少しはスムーズになっていた(かな?)と思いますが、まだまだ経験を重ねることが必要です。また、コンタミしないように気を付けながら採材することの難しさを体験し、いつも弊社に送られてくる検体がこのようにして採材されていることを知り、身の引締まる思いでした。

 

またいつか機会があれば今度こそもっと上手くスピーディーに!!と新たな課題と目標ができた新年の幕開けとなりました。

 

 

 

左から高橋先生・大工さん・谷口

 

140109採材.jpg