JASVブログ第224回

みなさんこんにちは。豊浦獣医科クリニックの古川誠です。3月も終わりに近づき汗ばむような陽気の日が増えてきました。毎年この時期になるとお花見を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。2015年度の東京地方の開花予想は、今まさにこの原稿を書いている323日、満開予想は331日だそうです。一昨年、満開時の上野公園を訪れたのですが、桜の美しさと人手の多さには圧倒されたことを覚えています。

 

弊社では毎年3月のこの時期に、養豚業に従事してまだキャリアの浅い初級者を対象とした講座を開催しています。本講座は今年で13回目。これまで延べ人数で200人以上の受講生を送り出してきました。受講生はだいたいこの世界に入って12年くらいの方が多いのですが、今年は4月から養豚場に就職予定という卒業を間近に控えた学生さんもいらっしゃいました。初級者と一括りにいっても、12年の現場経験があるのと、養豚場にまったく足も踏み入れたことがないのでは天と地ほど差があるかと思います。私自身思い返してみても、卒業後研修で実際に現場に入るまで、どういうシステムで養豚場が動いているのかまったくの無知の状態でした。見ることやることすべてが新鮮且つ腰痛と筋肉痛の毎日()まさに頭と体で養豚の仕事を実感する毎日でした。先の学生さんはこの講座を通じて養豚業にどのようなイメージをもってくれたでしょうか。4日間、人生初めて尽くしの連続で疲れたかもしれません。しかしこの講座を通じて少しでも養豚のことを知っていただき、興味をもっていただき、そして本講座で学んだことを礎に4月からの現場で桜のように花咲いてくれたら…と心の中で願いながらお手伝いをさせていただきました。

 

また今年は初めての試みとして最終日にグループに分かれていただき、グループごとに与えられたテーマから問題点を探り出し、解決策を提示してもらうというワークショップを採り入れました。ワークショップでは参加者の活発な意見交換が生命線になります。通常ワークショップの主催者は意見が出やすいように“アイスブレイク”と呼ばれるリクリエーションを巧みに使って場の空気をほぐしグループ内にリラックスした雰囲気を作ることに最も苦心します。しかし本講座では、皆で講義を受け、同じ釜の飯を食い、夜は飲んで語った3日間の“充分な助走”があったおかげか、最初から打ち解けた雰囲気で活発な討論ができていたように思います。最後に各グループ話し合った結果を発表していただいたのですが、プレゼンという行為に慣れていないにも関わらずどのグループのプレゼンも(オチをつける余裕まであって笑)素晴らしいものだったと思います。

JASVブログ第223回

みなさんこんにちは!()サミットベテリナリーサービスの渡部 佑悟です!

だんだんと春の気配が近づいてきた今日この頃、急な天候の変化や気温の変化で皆さんは体調崩されていませんか。このような変化が大きい季節は豚の管理にも細かな対応が要求され、環境コントロールが一筋縄にはうまくいかない場合もあると思います。僕自身も昼と夜の環境変化への対応について試行錯誤を繰り返している最中ですが、農家さんと一緒に悩んで解決していく毎日に充実感を感じています。

 

さて()バリュー・ファーム・コンサルティングの大久保先生がブログで書いておられるように、先日35日は衛生セミナーがあり、僕自身もたくさん勉強させていただくことができました。内容は大久保先生が触れているため僕の方では割愛させていただきますが、今回は翌日行われたJASV賛助会員との懇談会について述べさせていただきたいと思います。

この懇談会は、賛助会員をしていただいているメーカーの皆様とJASV会員との意見交換を目的として年に2回行われているものです。各社、商品説明や事業内容について細かくプレゼンしてくださり、普段使っていた商品の新しい効果や知見を知ることができ、とても勉強になりました。

 

特に感銘を受けたのが、講演者のプレゼン能力の高さです。僕も農家さんを対象に勉強会を行うことがありますが、期待通りの手ごたえが得られずがっかりしたことがあります。そこで、どのようにしたらプレゼン能力を高めることが出来るのか調べようと思い、“プレゼンの天才”と呼ばれた初代Apple社長の故スティーブ・ジョブス氏のプレゼン動画を見てその方法を研究しました。

最初に感じるのは内容が非常にシンプルだということです。難しい言葉を使わず長々としゃべらないため、一言一言が印象に残ります。そして要点を少なく絞ることでそれの要点をしっかりと記憶させることができます。初代iPhoneを発表した時のプレゼンはこんな感じでした。

「今日われわれは、3つの革命的な製品を紹介する。

1は、タッチコントロールを用いたワイドスクリーンiPodであり、

2は革命的な携帯電話だ。

そして第3は、ブレイクスルーを引き起こすインターネットコミュニケーション機器だ。

これらは、別々の3つのデバイスではない。

これは1つのデバイスだ。本日、Appleは電話を再発明する」

 

ここまで聞けば聴衆はその内容をすべて把握することができます。しかも強烈なインパクトを伴っています。

普段、僕が農家さんと話す時は気が付いたことを全部言おうとしてしまいます。しかしそれでは結局すべてがうまく伝わらず、中途半端になってしまうこともあります。実際に自分を振り返ってみても、一度に出来ることは3つか4つが限度のような気がします。まず農家さんにとって優先度の高い項目は何かを考え、それを印象に残るよう要点をまとめて、確実に課題を進めてもらえるように話す練習をしていかなければいかないと感じました。

 

()サミットベテリナリーサービス

 

 

渡部 佑悟

JASVブログ第222回

皆さまこんにちは。

㈱バリューファーム・コンサルティングの大久保光晴です。

新年明けたと思ったら、はや2ヶ月が過ぎ、“時間の流れは早いものだなぁ”と感じる今日この頃です。


先日3月5日、東京でJASV衛生セミナーが開催されました。

旬な話題を中心に、毎回現場の先生方の生の経験を聞ける、貴重なセミナーです。今回は特別講演として、韓国のハン・スー・ジュー先生が招かれ、色々なお話をしてくださいました。


今でこそ、PRRSはその病態や仕組みが分かり、教科書にも、概論的ですがその名前が載っています。しかし、当時は豚ミステリー病として、研究者の方々が、その解明に奔走していたと思うと、改めて今まで学んできたことは、先人の英知に支えられているのだなと思いました。さらに、生産システム、豚パルボ、PED、口蹄疫の話もあり、幅広くも、濃い内容でたいへん勉強になりました。

しかし、一番印象に残ったのは、ABCDの姿勢でした。

すなわち、A:Aggressive、B:Bold、C:Creative、D:Diligentです。

 

2題目はサミットベテリナリーサービスの石関先生の研究発表があり、凛として堂々と発表する姿を見て、とても刺激を受けました。

一般演題は、その半分以上がPED関連の発表となっており、この病気の影響の大きさを、再認識しました。


もうすぐ3年目の春。少しは養豚のことが分かって来たかな?と実感していますが、もう一度気を引き締めて、“日々、『現場に活かせる』勉強!”で頑張りたいと思います。あと、懇親会でハン先生と話すも、課題の残る内容だったので、英語をもっと勉強しようと思いました(苦)


㈱バリューファーム・コンサルティング

大久保 光晴

JASVブログ第221回

こんにちは、あかばね動物クリニックの水上です。

寒い日々が続いていましたが、最近は雨の日が増えるとともにだんだん温かく感じる日が続いていました。雨が降った後は必ずと言っていいほど強風が吹きすさび、車の中に置いてある紙などがあれよあれよと飛ばされてしまう。些細な事ですが、そんな中にも季節を感じます。

 

もうじき新年度ということで一年を振り返る機会になりますが、今回は地球儀で見ると日本の反対に位置するアメリカで昨年から起きている様々な出来事について振り返ってみます。

まずは「大寒波」。昨冬はナイアガラの滝が凍るという驚きのニュースを聞きました。今冬はニューヨーク州で非常事態宣言が出されるなど、まるで映画「デイ・アフター・トゥモロー」のような光景が見られました。2年続けて大寒波がきたことで他の季節でも異常気象の心配がついて回ります。昨シーズンのアメリカはコーンや大豆などの穀物が豊作となり、穀物相場は安定していましたが、耕作地で作付けから収穫までの時期に干ばつなどの異常気象が発生した場合どうなるでしょうか?

次に「労使交渉」、いわゆる「スト」です。西海岸では昨年5月から海運会社などの太平洋海事協会(PMA)と労働者側の国際港湾倉庫労働組合(ILWU)で労働条件をめぐる交渉が続いていました。これにより西海岸に位置する港の機能が低下していました。その影響により、日本でもマクドナルドのフライドポテトが一時Sサイズのみになったことは記憶に新しいかと思います。もし港湾が封鎖された場合の経済損失は1日当たり20億ドルに上るといわれます。その労使交渉も今年2月20日に暫定合意に達しました。船舶による輸送が滞ると、安価で大規模な輸送が困難になるということを改めて知らされました。それは飼料原料も例外ではありませんでした。

 

 

今ではインターネットを通じて世界中の情報を仕入れることができるとはいえ、興味がない・知らない情報は「網」に引っかかりません。アンテナを高くして、スポンジのように様々な情報を吸収する。そのように自分に言い聞かせて、柔軟な思考を持てるように日々頑張っていきます。

posted by JASV at 20:06home