JASVブログ第225回

JASVブログの読者の皆様、はじめまして。今回初めて投稿させていただく早川結子と申します。

私は20053月に日本獣医畜産大学(現日本獣医生命科学大学)を卒業し、千葉県旭市の養豚専門クリニック、株式会社ピグレッツに養豚管理獣医師として勤務しておりました。この間、農場巡回、検査診断業務から個体診療まで幅広く養豚獣医療に携わらせていただきました。

そして今年の3月、延べ10年間お世話になった会社を卒業し、旭市内にIDEAS SWINE CLINIC イデアス・スワインクリニックという看板を掲げることになりました。当面は養豚場経営者の主人とともに自農場の管理・経営に取り組みながら、地域に根差した養豚管理獣医師を目指していこうと考えています。

 

と言うと、皆さんそろって「イデアスって、どういう意味ですか?」と訊いて下さるので、ちょっとクリニック名の由来をお話しさせて下さい。

IDEASというのは、英語のideaアイデアと、その語源となったプラトン哲学のideaイデア両方から取りました。哲学用語のイデアは、もともと本質的な「目に見えるもの」「形」「姿」を意味したのが、近世に入って「観念」や「理念」といった意識内容を指すようになったそうです。「目に見えるもの」と「意識内容」なんて、相反するもののように思えますが、ものの本質を捉えているのは我々の目ではなく心や感性であることから、こうした変遷があったものと解釈しています。

ideaという言葉の成り立ちは、人がまだ見ぬ明日を思い描き、新しいモノを創っていく力を持っていること、人の思いこそが未来を拓くことを、私に強く想起させてくれます。そして人間の素晴らしい点は、それぞれがアイデアを持ち、異なるアイデアを混ぜ合わせてより良いアイデアを生み出していけるところにあると思います。さまざまな人、さまざまなアイデアが集まって、より良い未来を創っていけますように。そんな思いを込めてideaに複数形のsを付け、クリニック名としました。

 

何やら小難しそうな初回になってしまいましたが、普段は二人の幼い娘たちに翻弄されながらわあわあきゃーきゃー賑やかに過ごしております。これからもたくさん勉強して、地域に貢献する一人前の養豚管理獣医師になれるよう努めていきたいと思います。

そしてこれを機に、JASVブログにも参加させていただくことになりましたので、皆様今後ともお見知りおき下さいますようよろしくお願い申し上げます。

 

 

イデアス・スワインクリニック

早川 結子

 

 

posted by JASV at 22:58Comment(0)home