JASVブログ第236回

 

 JASVブログをご覧の皆様、イデアス・スワインクリニックの早川結子です。

 

 世間はもう12月。暖かめだった11月から一転、雨混じりの北風が吹きつける厳しい寒さとなったり、寒さそのものより気温の変化の激しさが人にも豚にも大きなストレスになっています。そんな冬の到来を祝って、つれづれなるままに、冬について書いてみようと思います(今回はかなり軽いタッチで書かせていただいております。)


 冬といえば・・・鍋ですね!鍋は最強の時短レシピで、材料を刻んで一つの鍋に放り込み、ぐつぐつ煮れば出来上がり。根菜も葉野菜もきのこも魚介も肉も豆製品も一挙に食べられるという優れもの。最近は色々な鍋のもとが売っていて、手軽にバリエーションが楽しめるのが嬉しいところ。テーブルの真ん中にごん!と鍋一つ置き、あとはごはんと取り皿で配膳が済むなんて、もちろん片付けも超ラクで、食べれば「やっぱ鍋だねえ~っ」とほっこり幸せになれる・・・鍋最強です。が、鍋で幸せになるのに欠かせないものが一つだけあります。それは・・・おいしい豚肉です!うまい肉を食らうと人はなぜこんなにも幸せになれるのか。細胞が快哉を叫ぶというか、ヒトは肉を求めて進化してきたに違いないと、実感する瞬間です。とりわけ豚肉は魚介との相性がよく、寄せ鍋には本当に持ってこいです。またこの仕事を始めてから、家族が豚肉を食べてほわ~っとなっている様を見ることで幸せが倍増するようになりました。

 

 冬と言えば・・・こたつ、でしょうか?実は我が家は「こたつは堕落を招くゆえ禁ずる」という家訓があります。これは私が千葉でモルモットと2人暮らしを始めたころに作ったもので、家族が増えた今でも厳格に守られています。が、寒さが厳しいときはホットカーペットをぽちっとし、その上に毛布をかけてぬくぬくと収まったりしており、これではこたつとなんら変わらぬので、いっそのことこたつを導入してしまおうかと思うこともしばしばです。が、もし我が家にこたつが導入されたら・・・と想像すると、まず3匹の猫たちがこたつに消え、猫を押しのけて娘たちが2か所の間口を占拠し、残ったスペースに私と主人が収まり、ぎゅうぎゅうのこたつから誰一人立とうともせず、食事も入浴も下手したらトイレもままならぬままひたすらぬくみを貪り睡魔に負け続ける堕落集団が出来上がること間違いなし。というわけで今年もこの家訓は守られることでしょう。私がよそでこたつに入る機会を得たとき、反射的に首まですっぽり入ってしまうのをとめられないのは、普段から徹底した禁こたつ欲生活をしているためとご容赦下さい。

 

 最後に冬と言えば・・・・ヒートテックですよ!このハイスペック下着のおかげで冬季の活動限界温度がどれほど引き下げられたことか。素材の薄さと裏腹に本当に暖かく(というか、寒くない)、防風機能のある上着とセットで上下に仕込めば冬の寒空もなんのその。豚舎内でちょっと体を動かせば汗ばんでくる勢いです。このミラクルな素材の原理を知ろうとネットをさまよっていたら、養豚における温度管理にも応用できそうな熱力学が詰まっていることがわかりました。が、ここまで非常に軽いノリで来てしまったので、小難しい話は無しにしましょう。とにかく、ヒートテックは暖かい!まだ未体験の方には強くおススメします。

 

 そんなわけで、寒い冬はこたつに入らずヒートテックを着て元気に働き、おいしい豚肉のたっぷり入ったほかほか鍋で乗り切りましょう!