JASVブログ第237回

 ()あかばね動物クリニックの水上です。

 新年早々、周囲で怪我が多発しています。どんなものかというと、移動中に豚が勢いよく開いていた柵にぶつかり指を挟んだ、柵を足に落として骨にひびが入る、高く積まれた乾燥ベールから落ちたなど。今年は冬にもかかわらず温かな陽気が続いていましたが、急激に冬らしくなったため、体が慣れていなくて動かないことが多いようです。そんな私も朝起きたばかりの時間は、まるでロボットのようにカクカク動いています。

 寒くて体が思うように動かない時、皆さんはどうしますか?暑いシャワーを浴びる、外に出て朝日・冷気を浴びる、温かいドリンクを飲むなどいろいろあります。古くからの知り合いは「朝活」と称して、手の込んだ朝ごはんを作っているようですがまねできません。私はラジオ体操をします。「古臭い」「効果あるの?」という声も聞こえてきそうですが悪いものではありませんよ?

 確かにラジオ体操は古いです、なにせ旧ラジオ体操は1928年に、現行のラジオ体操は1951年に開始されたものです。これだけ長く愛され続けている文化はそれほど多くはありません。第一と第二があり、それぞれ315秒ほど、合わせても7分弱で手軽にできます。そのためか、体を動かす業種では朝礼時にラジオ体操を組み込むことが多いようですね。広い場所を必要としないので、どこでもできます、室内でもできます。簡単で覚えやすい動作なので誰でもできます。(皆さんも小学生の頃、朝6時に集まって皆でラジオ体操をしたことを覚えていませんか?その記憶だけでできます)。かといって小さな動きではなく全身を使います。皆でやると少し恥ずかしい気持ちになりますが、まじめにやれば競歩並みのエクササイズになります。

 幼いころから父は仕事に向かう前にラジオ体操していて、それを見て私は「ダサいなー」と思っていました。けれど今になって私がやっていることを考えると、世代を超えて愛されるラジオ体操ってすごいな…と思っています。

 

 なんにせよ、怪我をしては何もできなくなってしまいます。自分に合った「準備」をしてみてください。