JASVブログ第247回

 こんにちは、あかばね動物クリニックの水上です。


 リオデジャネイロオリンピックとパラリンピックが終わりましたね。日本人選手の活躍が連日報道され、映像を見たり結果を聞いたりするだけで、エネルギーを分けてもらいました。全てのスポーツで言えることですが、超人的な動きには目を見張ります。動きを真似しようものなら、まず翌日動けなくなりそうです。


 先の話ですが、4年後には日本で東京オリンピックが開催されます。多方面での準備が進んでおり、少しずつ実感がわいてきます。愛知県田原市でも競技の一つ、サーフィンを誘致しようと“のぼり”が立っています。

2016-09-17 10.20.31.jpg


オリンピックは“スポーツの祭典”ともいわれ、世界各国の一流の選手が一堂に集まります。そして、様々な宗教や文化圏の方々が一堂に会するため、近年のオリンピックでは食事についても十分な配慮がされています。そのため提供される食材については安全性+αが求められます。前回のロンドンオリンピックではイギリス独自のGAP(農業生産工程管理)であるレッドトラクターの認証が求められ、推奨ではありますがオーガニック認証も求められていました。リオではオーガニック認証や環境あるいは社会基準となる認定(例:地球環境保全に協力的だと認定される)を受けた食材、さらに地元産をできるだけ用いているようです。東京オリンピックでの具体的な基準はこれから決まっていくと思いますが、GAPや農場HACCPといった客観的に安全と言える生産方法が重要視されるのではないでしょうか。

オリンピックは、日本独自の食材や日本の本当の味を、オリンピック選手だけでなく各国のサポーター、布いては全世界に向けて伝えるまたとない機会になります。B-1グランプリとは規模が違いますが、提供された料理の中で評判になったものはその後の展開も楽しみです。

(個人的には愛知の味噌系料理が広まってほしいと思っています、味は濃いです)

posted by JASV at 12:35Comment(0)日記