JASVブログ第252回

こんにちは。サミットベテリナリーサービスの数野由布子です。


2017年がスタートして早2カ月が過ぎようとしています。

ご挨拶が遅くなってしまいすみません!皆様、本年もどうぞよろしくお願い致します!


さて、昨年末1221日に麻布大学で記念すべき第10回のPCC症例検討会が開催されました。今回は5名のJASVの先生方の他に、農研機構動物衛生研究部門の川嶌健司先生が特別講演をしてくださいました。


PCCPorcine Clinic Center(豚クリニックセンター)の略であり、JASVでは臨床現場から麻布大学PCCに検体を送り、病理検査・PCR検査・寄生虫学的検査により疾病診断を行っていただいています。


今回、弊社からは石関先生と渡部先生が発表しました。事前に麻布大学を訪問し、獣医学部病理学研究室の代田欣二先生より検体の病理組織所見についてご指導いただきました。私は麻布大学を卒業しているため、代田先生と一緒に顕微鏡をのぞき、ご指導いただくことができて、学生に戻ったような気持ちになりました。


弊社から発表した症例については、私が石関先生、渡部先生と一緒に農場に行った際に採材した検体でした。豚の症状を見て、剖検を行い、病原体検査、病理組織所見から診断するという一連の流れを最後まで追うことができ大変良い経験になりました。改めて、総合的に判断することの重要性を学ぶことができました。


症例検討会の詳細についてはレポートを作成していますので、ぜひチェックしてみて下さい!

以下リンクです。

http://www.e-jasv.com/info/info-44.html

スクリーンショット 2017-02-14 10.59.21.png



群馬は雪が降り寒い毎日です。どうぞ皆様も体調を崩されないようにお過ごしください。

posted by JASV at 11:16Comment(0)日記