JASVブログ第261回


こんにちは!

サミットベテリナリーサービスの数野由布子です。


年の瀬も押し迫ってまいりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?

私はすでに上下ヒートテックで全身を固めております(^^;;



今回は農場HACCPについて紹介したいと思います。

昨年は農場HACCPの指導員研修を、今年は10月に審査員研修に参加して来ました。


今回の研修では、審査に伺った場合を想定して実演したり、事前に提出していただくHACCP書類の確認方法などを学びました。


研修は3日間だったのですが、最後に筆記試験がありました。。

とても、緊張しました。

試験の結果は1週間後に届き、、


結果は、、


合格でした!



話はさかのぼり。

実のところ、学生時代にHACCPについて学ぶ機会がありました。

(国家試験の範囲に入っているので。。)


しかし!実際のところはHACCPが一体何なのかさっぱりわかっていませんでした。


昨年は指導員研修に参加し、HACCPとはどういうことなのかを学び、

実際に農場でHACCP構築に携わらせていただいてきました。

私も構築に携わらせていただきながら、HACCPへの理解を深めています。



まず、皆様もよく聞かれると思いますが、農場HACCPについて簡単にお話しします。

HACCPとはHazard Analysis Critical Control Pointの略で、

危害要因重要管理点のことです。


農場HACCPは、安全な豚肉を作るために、スーパーに並ぶ豚肉(最終製品)を検査するのでなく、

(原料)の製造・出荷までのすべての生産工程において、

あらかじめ起こり得る危害(生物的、化学的、物理的)を予測します。

その危害を未然に防ぐために、管理ポイントを設定し、

継続的に監視・記録を行うシステムのことです。


HACCPを、現場でどう活かすのかは、

始めてみないと生産者の方々も分かりにくいかと思います。


始める上で、まず1番分かりやすいのは、注射針や薬剤の管理だと思います。

実際に、農場HACCP認証取得に向けて、注射針の管理からスタートさせる場合が多いです。

そして、今年は農場HACCPに取り組む農場数がぐんっと増えました!


これからも研修で学んだことを生かして、

少しでも生産者の皆様の農場HACCP認証のお役に立てるように頑張ります!



最後に、

石関先生からブログを引き継がせていただいてから、

ブログを読んでいるよと声をかけてくださる方々いらっしゃいました^^


今年1年もありがとうございました!

来年もどうぞよろしくお願い致します。


数野由布子






posted by JASV at 17:03Comment(0)日記