JASVブログ第276回

こんにちは、ご無沙汰しております。

あかばね動物クリニックの水上です。


このブログを書いているのは2019年8月10日なのですが、5月19日に下書きを書いていました。見直すと、内容を大幅に書き換えなければならなくなっていました。

『2019年5月19日現在、豚コレラは日本国内で23例の発生が報告されています。今のところ、岐阜県と愛知県に限局していますが、野生イノシシの発生報告は徐々に拡大しているように見えます。養豚場での発生も急拡大はしていませんが、制限が解除される頃になると次の発生が報告される、制限区域内では気が休まる時はありません。

さて、危機的状況になると人間は不安になり、いろいろなものにすがりたくなります。また信ぴょう性の有無にかかわらず、琴線に触れたものを強く信じることが多くなります。例えば、東日本震災や熊本地震の時にSNSを通じて様々なデマが流されました。普段であれば見向きもしない情報であっても、異常事態であればどんな話であっても鵜呑みにしてしまう人が出てきます。そのため、混乱に拍車をかけてしまいます。

豚コレラでも近いことは起こりえます。憶測が憶測を呼び、嘘か真かわからない情報が増えています。』(下書きママ)


8月10日現在、36症例目まで豚コレラの発生が確認されており、野生イノシシでは岐阜や愛知以外に三重・福井・富山・長野と拡大しました。長期間に及んだ田原市での制限区域は終息しましたが、豚コレラ陽性イノシシが多発している地域はいまだ苦境に立たされています。

また、信ぴょう性の低い情報は少なくなりましたが、情報源が不確かなものはあります。それだけ今回の豚コレラについて分からないことが未だに多く、状況が好転しないことも相まって不安が募っているためだと推察されます。

中部圏内では、明日、何が起きるのか分からないのが現状です。ただ、農場毎に防疫レベルを上げなければならないことだけは確かです。私自身もできるかぎりのサポートを尽くします。

posted by JASV at 15:07Comment(0)日記