JASVブログ第180回

はじめまして。

今年2013年の6月から、千葉にあります養豚専門のコンサルティング&診療所「ピグレッツ」に勤務することとなりました森野寛子(もりのひろこ)と申します。

 

養豚の世界にどっぷりつかることとなり、こちらのブログにも参加させていただく運びとなりました。

皆さまどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

さて、こちらのタイトルは「若手養豚獣医師・・」。

私自身は、養豚の世界ではひよこ同然ですが、実際は「若手」というのははばかられる年齢となっております。

こちらのブログ更新が初めて、ということもありますので、まずは自己紹介を兼ねてそのあたりを述べさせていただきます。

 

私の生まれは滋賀県です。

大学を卒業した後、ふるさとに戻り大動物の臨床に10年以上従事しておりました。

ただし、この頃の診療対象のほとんどは「牛」。

豚はわずか1件の農場を担当したことがあるくらいでした。

 

その後、動物実験をおこなうラボに転職。このときは、ラット・マウスをはじめ小さな動物を扱う業務をしておりました。

その後、またまた転職し、今度は医療機器を扱うメーカーの学術として勤務。

このとき初めて、動物に触れない仕事となり、日々の業務は充実していたものの、「やっぱり動物を触る仕事に就きたい!現場に帰りたい!」と強く思うようになり、現在に至ることになったわけです。

 

ではなぜ、その現場を「養豚」に求めたのか・・

それはかつてわずかながらに経験した養豚の世界で感じた「奥深さ」と「子豚の可愛らしさ」を思い出したからなのでした。

 

1件の養豚農家さんを受け持っていた頃には、同じ職場の先輩獣医師の方々も、豚の病気に関してはあまり経験が無く、私自身も手探りで診療していたような状態でした。

そんなこんなで、感染症によると思われる疾病でたくさんの豚が死んだり、繁殖成績が悪くなったりしても、「どうしたらいいのだろう?」「これでいいのだろうか?」と迷いだらけ・・

知識と経験の無さに、とてももどかしい思いをしていた記憶があります。

けれど、牛よりもかなり短い期間で「妊娠→分娩→肥育→出荷」にいたる豚は、農場内での変化を反映するのも早く、「豚にイイこと」をしてみたら、短いスパンで「イイ結果」につながることも実感しました。

このとき、養豚って面白いなぁ、やればやるほど奥深いなぁ、としみじみ感じたものでした。

 

さらには、分娩舎でみる子豚の可愛らしさ!

ピンク色ですべすべしていて、私の足元に鼻を押しつけてみたり長靴をかじってみたり・・

「ずっとこのままのサイズだったら飼いたい!」と思えるくらいの可愛らしさ。

 

そんな記憶が、私を養豚の世界へ引き戻させ、養豚が盛んなこの地にやって来たのでありました。

 

養豚の世界に戻ってからはまだ半年たらず。

あらためて、自分の無知さと力の無さに打ちのめされる日々ですが、可愛らしい子豚たちが元気にすくすくと育てることに少しでも貢献できるようになればいいな、そんなことを考えながら過ごしております。

 

未熟者ゆえ、周りの方々にご迷惑をおかけしたりたくさん頼ったりしてしまうかと思いますが、精いっぱい精進してまいりたいと思いますので、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。 

 

※はじめましてということもあり、自己紹介も兼ねて、はずかしながら写真を載せさせていただきますf(^_^;

PICT0129 - コピー.JPG

この記事へのコメント

  • 本多秀次

    TITLE: よろしくお願いします
    ひーちゃん、養豚獣医師になったという話は聞いていましたが、若手ブログでお会いできるとは。本多も、長く養豚担当で指導に苦労しております。
    2013年12月05日 08:47
  • 森野寛子

    TITLE: Re: よろしくお願いします
    本多先生、お久しぶりです。
    コメントありがとうございます!いきなりの「ひーちゃん」に笑いました。
    本多君も養豚に関わっているのですね・・
    いろいろ情報交換できると嬉しいです。
    またよろしくお願いしますm(_ _)m
    2013年12月05日 11:23

この記事へのトラックバック