JASVブログ第186回

 

みなさん明けましておめでとうございます!()サミットベテリナリーサービスの渡部 佑悟です!今年もどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 最近はめっきり寒くなってきました。

 

僕が群馬に来てから初めての冬を迎えました。僕は大学が岩手だったので寒いことには慣れていると思っていたのですが、群馬の寒さはまた別だと痛感しています。それはいわゆる“赤城おろし”というもので、これは群馬県中央部から東南部において、冬季に北から吹く乾燥した冷たい強風のことです。

 

この“赤城おろし”のため、気温はそれほど低くなくても体感温度はかなり下がります。あまりに風が冷たいので肌が痛くなります。屋外で解剖している時にこの風が吹くと手が震えてうまくできません。今年2014年は解剖をスピーディーかつ効率的に行う方法を研究したいと思います。

 

 

 

 さて、水上先生が書かれていますが、去年の12月に麻布大学で豚病症例検討会がありました。僕もそこでヘリコバクターに関する症例を発表させていただきました。

 

 

 

とにかく緊張しました。

 

 

 

他の先生方の素晴らしい発表にプレッシャーを受けずに済むので、症例発表のトップバッターでラッキーだと思っていたのですが、初めてなので会場の空気が分からず緊張してしまいました。今思うと発表を聞かれていた先生方はとても優しく、温かい目で見守ってくださっていたと思うのですが、そのことを感じる余裕がありませんでした。

 

 発表は練習通りのことを言うだけですので問題ありませんでしたが、質疑応答の時には頭が真っ白になって全く質問に答えられませんでした。中には想定していた質問もあったのですが、その時には相手の先生が何をおっしゃっているのか分からず、とても悔しい思いをしました。

 

 今年の予定はまだ分かりませんが、機会があれば相手の質問の意図を十分に考え、自分の考えてきた考察を自信を持って言えるようにしたいと思います。そのためにも毎日のコンサルの中で農家さんとしっかりコミュニケーションをとり、精一杯回答をすることで養豚コンサルタントとしても成長したいと思います。

 

 

 

今年は農家さんにも新入社員が入り、養豚界での後輩が入ってきます。彼らに負けないように精進したいと思いますので皆様どうぞご教授よろしくお願いします!!

 

 

 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック