JASVブログ第227回

皆さまこんにちは。

㈱バリューファーム・コンサルティングの大久保光晴です。

あっという間に、2015年も半分を過ぎました。

 

今回は5月にアメリカ大豆輸出協会さま主催のアメリカ養豚飼料研修について書きたいと思います。

研修地は米国ミネソタ州、約1週間の旅程で、最初の3日間は農場や工場見学、次の3日間は同州ワセカ市にあるミネソタ大学Southern Research and Outreach Centerで栄養学の講義でした。

(ちなみに大竹先生がPRRS研究をされていたミネソタ大学豚病撲滅センターは、もっと都会のセント・ポール市にあります)

 

私自身初めての渡米で、アメリカのスケールの大きさにただただ驚いてばかりだったのですが、農場・工場見学でさらに圧倒されました。

まず農場見学では、3兄弟で経営している農家さんを訪問しました。コーンと大豆合わせて6500エーカー(東京ドーム約550個分!)の農地を所有しおり、さらにトラクターは日本のものとは比較にならないほど大きく、GPS等搭載したハイテク車両でした。また、この農家さんは養豚もやっており、8~9週令の豚を受入れ、肥育しています。養豚をする理由も、日本と少し異なり、肉豚生産の利益もさることながら、農業用肥料としての一翼を担ってることに驚き、むしろその意味の方が強いように感じました。

 

工場見学でもっとも印象に深かったのは飼料工場見学でした。

まずその粒度です!

基本粒度は500ミクロンとのことで、実際に触ってみると海砂のように肌理の細かく、綿のようにフワフワしていました。さらにハンマーミルとローラーミルの両方か常に稼働しており、1時間当り約70トンものコーンを粉砕します。

 

ミネソタ大学での講義は実習もあり、たいへん勉強になりました。豚の栄養を考える上で水が重要と言うことを改めて学び、また試験施設がとても充実しており、現場に則した研究が日々されていると感じました。

 

最後に、アメリカ大豆輸出協会の橋澤さま、今回の研修にお声掛けいただきました株式会社アニマル・メディア社の永野さまに、この場をお借りしまして御礼申し上げます。誠にありがとうございました。

 

㈱バリューファーム・コンサルティング

大久保光晴

 

(写真はクリステンセンファームの飼料工場です。)

 

DSCN1041.jpg

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック