JASVブログ第249回

みなさんこんにちは!()サミットベテリナリーサービスの渡部 佑悟です!


「今年の夏は暑くなる」という予想が出ていましたが、関東では例年よりもむしろ涼しくなり、肩透かしを食らって終わりました。

一方で、九州では8月中に1回しか雨が降らない地域もあるなど、途方もない暑さに見舞われ、繁殖成績が低下した農場も多く見られました。

このように地域差はありましたが、どの地域でも早めに対策を講じた農場ではその影響を最小限に抑えることができました。

今年の夏をうまく乗り切れた農場もあれば、来年の反省材料を残した農場もあったと思いますが、皆さんの農場はどうだったでしょうか?


今後は冬の寒さ対策が重要になります。

豚舎内のカーテンや壁に穴は空いていないでしょうか? 穴から入ってきた冷たい空気が豚に当たると、寒冷ストレスが疾病の発生を助長します。

ウィンドレス豚舎の場合も豚舎内に穴が見られないようにするのは当然ですが、それに加えて換気設定も夏場の状態から冬仕様に変更しなければなりません。

また、豚舎内の湿度も下がって乾燥しやすくなるので、乾燥により肺炎が出やすくなります。加湿のための散水は豚舎内に設置した湿度計を参考に、出来るだけ1日に複数回行えると良いでしょう。

加湿のために細霧装置を使うのも良い方法です。その場合は細霧ノズルに詰まりがあると十分に加湿が出来ないばかりか、霧状に細霧が出ずに水が直線的に噴射され、豚が濡れてしまう危険があるので注意が必要です。

最後に、豚舎内温度が十分に保温できているか確認してみて下さい。特に豚を豚舎に入れる際の部屋が十分に温まっていない農場が良く見られるので、移動後の豚が寒がっていないかよく確認してみて下さい。

移動直後はそれ以前にいた豚舎温度よりも高い環境温度を必要とするのですが、豚を導入する前の豚舎は熱源(豚)が少なく、十分に温まっていないことが往々にしてあります。その状態のまま入舎すると、移動直後の食下量が急激に落ち、1日増体重の悪化、出荷日齢の延長等の影響が出る可能性が高まります。

豚で豚舎を温めるのではなく、豚舎が豚を温められるようにしましょう。


最後に、秋が深まる群馬で、今シーズン最後の事務所の芝刈りを行った時の写真を載せます。

豚が体調を崩しやすい季節ということで今回のお話をしましたが、農場に関わる皆様も風邪を召されることのないよう、十分にご自愛くださいませ。


()サミットベテリナリーサービス


渡部 佑悟

P9170270.JPG

この記事へのコメント