JASVブログ第251回

 こんにちは、あかばね動物クリニックの水上です。

 高病原性鳥インフルエンザが世界中で拡大の様相を見せ、日本国内では野鳥だけではなく、家禽でも発生しています。ブログを書いている時点では青森と新潟のみですが、野鳥からは他県でも検出されています。そして秋田市の動物園や県内の東山動物園でも疑い事例の発生があり、戦々恐々としています。

養豚では今期に入ってからPEDの発生報告があります。初発生、沈静化から3年近く経過した農場では、ほとんどの母豚が更新されていると思います。それは、野外株に対する免疫がない状態、つまり再度PEDが発生した時には初発生時と同等の状況になる恐れがあります。

畜種関係なく、気を引き締め直し、冬に向けてバイオセキュリティを見直す必要があります。


 今回は豚のご先祖様のイノシシが関わる話になります。

 近年「ジビエ」という言葉を耳にする機会が増えてきていると思います。ジビエとは、狩猟によって得られた鳥獣肉のことを言います。狩猟の主な目的は、野生動物による農作物への被害を抑えるためです。野生動物は野菜や果物がおいしく実る時期をよく知っていて、収穫しようと思った矢先に被害に遭う、ということが多いようです。農作物への被害額としてはシカ、イノシシ、その他の動物たちと続きます。

ジビエは豚牛鳥のような一般家畜・家禽と違い、人が管理しているわけではありません。量が少ないため、貴重な資源と言い換えることができます。ではジビエは衛生的な精肉でしょうか?イノシシ等は常に屋外で活動し、いろいろな場所に行き来します。そうして様々な感染症に暴露されるため、屋内で飼われている家畜と比較して食中毒を引き起こす病原体を持っている可能性は高くなります。衛生的な管理下で使用されている豚でも生食はE型肝炎ウイルスに感染するリスクがあるため、十分加熱して喫食することが求められています。ジビエについてはさらに慎重を期する必要があります。

また通常豚は農場から屠畜場へ運搬され、小売店へと決まったルートがあります。ジビエに関しては、流通ルートは確立されていません。そのため厚生労働省から「野生鳥獣肉の衛生管理に関する指針」が定められているので、それを遵守する必要があります。まだジビエの取り扱いについて日本は発展途上にあると言えます。

 今後ジビエは拡大していくでしょう。その時、皆が正しい知識を持ってジビエ料理を楽しめるような環境になるようにサポートができればと思います。

この記事へのコメント