JASVブログ第256回

みなさんこんにちは!()サミットベテリナリーサービスの渡部 佑悟です!


今年の群馬では、梅雨らしい梅雨がなかったように感じます。関東でもあっという間に梅雨が明けてしまいました。夏の暑さに関して言えば、気象庁によると、昨年2016年の夏は1898年の統計開始以降最高の暑さだったそうです。そして今年の8月、9月の予想は去年よりも熱いそうです。つまり今年も過去最高の暑さになる可能性があるということです!!こうなると、今まではなんとか耐えられた夏場対策でも、今年の夏(または来年以降のさらに暑い夏)では通用しなくなる場合があるということです。暑さの影響としては母豚の繁殖成績低下、子豚の増体重減少やストレスによる疾病の拡大などがありますが、毎年このような影響に悩まされている農場では、今後さらに苦労すると思います。今後の夏の暑さに向けて、全ての養豚場で、本腰をいれて対策しなければ、夏場の成績低下は避けられないでしょう。

また、夏は暑さ対策も重要ですが、落雷による停電にも気を付けなければいけません。落雷によって、ウィンドレス豚舎の換気扇が止まり、子豚が窒息死するという事故が懸念されます。落雷や雷雨は局所的に起こることが多く、自宅付近で落雷が落ちるような天気ではなくても、農場で落雷があることがあります。従業員がいる時に停電に気付ければすぐに対処できますが、夜中に停電が起こるとすぐに異変に気付くことが出来ません。多くのウィンドレス豚舎を採用している農場では停電時の緊急連絡が電話で来るようになっていますが、その機能が故障していて、連絡が来なくて結局豚が窒息死してしまった農場もあります。そのような被害を防ぐためには、緊急連絡機能の点検を定期的に行うと良いでしょう。または、停電時に作動する緊急換気装置を設備として備えておくことをお勧めします。緊急換気装置は様々ですが、通常使用している電気回路とは別電源の充電式ファンで温度が高温になった時に作動する装置があります。または、エアーカーテン内の空気を通常時は流れるようにしておき、停電時はエアーカーテン内の空気の供給が止まることでカーテンがしぼんで外気が入る仕組みになっている緊急換気装置もあります。いずれの場合にしても、電気が無くなった時に自動的に換気を行えるような仕組みにしておくことが重要です。この備えは、万が一の時に必ず役に立ちます。そして、このような万が一は必ず日本全国でどこかで起きています。自農場だけは特別と考えず、対策を取っておくことが重要です。


最後に、豚の健康もさることながら、農場に関わる皆様も熱中症などを起こされることのなきよう、十分な水分補給と、こまめな休憩を確保して、ご自愛くださいませ。

()サミットベテリナリーサービス

渡部 佑悟


この記事へのコメント