JASVブログ第260回

㈱バリューファーム・コンサルティングの大久保光晴です。

今年の10月は台風が来たりとおかしな天気でしたが、11月を経て12月に入り、冬の到来を少しずつ感じている今日です。


今回はかなり前になりますが、9月30日(土)に駒澤公園で開催されました動物感謝デーについて、書きたいと思います。

このイベントは毎年開催されており、JASVは2015年から協賛団体として参加し、養豚獣医師の認知普及のために毎年ブースを出しています。今年のブースでは、フランクフルトや飲み物の販売とともに、養豚専門の獣医師がどのような仕事をしているかなどの資料を展示しました。

私は実は今回が始めての参加で、展示会場の雰囲気や来場者の規模を良く知りませんでした。

当日は天候にも恵まれ、運営側の予想来場者数30,000人に対して、おそらく同等くらいの方々が来ていたと思います。会場では、JASVのような任意団体の他、共立製薬や日本全薬と言った製薬メーカー、各都道府県の振興団体や獣医師会やNOSAIがブースを出展していました。また、獣医学課程のある各大学もこのイベントに学生を派遣し協力していますが、入学者勧誘のためか、各校ブースを出展していました。

JASVが準備したフランクフルト300本は飛ぶように売れ、お昼の間に完売しました。

フランクフルトが売れ切れた後でも、家族連れの方々を中心に、たくさんの人が訪れてくださり、豚の等身大が印刷されたポップに興味を持って、足を止めていました。その中で、日頃子供と接する機会がない私にとって、豚に純粋に興味を持った子供たちと話しができたことは良い刺激になりました。

ブースではアンケートもとっており、回答してくださった方々の約3分の1が養豚専門の獣医師の存在を知っていると回答され、私の感覚からは意外と多く、養豚専門の獣医師が少しずつですが、認知されてきているのかなと思いました。

このイベントは毎年秋頃に、日本の主要都市から決まった場所で開催しており、獣医師の仕事体験、鷹匠のデモンストレーションやドックランなど動物に関連したイベントも多数実施していますので、ご興味をもった方は是非ご来場してみてください。


(写真は豚の等身大ポップです)

19070988.jpg


この記事へのコメント