JASVブログ第263回

みなさんこんにちは!()サミットベテリナリーサービスの渡部 佑悟です!


新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

昨年12月、アメリカカンザス州にて研修する機会を頂きましたので、今回は、簡単な報告とさせていただきたいと思います。

今回のアメリカ研修では豚の飼養方法などについては触れず、餌に関する基本事項や、最新の研究結果について学習しました。最近の研究結果として紹介されていたことは、肥育豚における飼料中リジンの影響が、品種によって異なるということです。そのため、飼料と品種、環境などを考慮した総合的なコントロールが必要ということを学びました。また、原料の栄養価に関しては、日本とアメリカではそれぞれ日本飼養標準、NRCという資料がありますが、原料に含まれる成分は厳密には産地によっても異なり、アメリカ産大豆は他国に比べて、エネルギーや含まれている総リジンの含量が高いことが特徴として挙げられていました。これは大豆の育成環境だけでなく、搾油工場での加工技術、その後の保管技術や輸送手段が大豆の品質を損なわないように調節されていることが理由だそうです。

アメリカの飼料形態は地域によって異なり、マッシュを選択するのは、原料が安く得られるアメリカ中西部の養豚場が多く、原料代が高いアメリカ南東部の養豚場では飼料効率を重視してペレットを選択する農家が多いと聞きました。ここにアメリカらしさを感じたのですが、アメリカの農業は費用対効果を厳密に計算しています。養豚農家はペレット加工にかかる費用増加分と、それによる効果を厳密に計算し、利益を増やせるように選択しています。栄養成分に関しても、飼料中のリジンやエネルギーなどの栄養価を増やすことが豚の要求率、増体重改善に役立つことが分かっていても、そこにかかる費用と効果(利益)を計算します。

このように、アメリカの農業の基本は費用対効果の厳密な計算の上に成り立っています。飼料についても養豚農家が栄養学を勉強して良く理解していました。日本では飼料についてはCP値とTDNと価格で議論する傾向がありますが、その中身までよく理解し、飼料会社と協力して同じ目線から議論できることが、双方にとって有益な関係を作る助けになると思います。私も、今回アメリカで学習したことを現場に活かしていきたいと思います。

最後に、今回のアメリカ研修でお世話になりましたアメリカ大豆協会の皆様に深く御礼申し上げます。


()サミットベテリナリーサービス

渡部 佑悟

この記事へのコメント