JASVブログ第271回

 こんにちは、あかばね動物クリニックの水上です。


 西日本豪雨から約1カ月経ちました。この災害では中四国、九州および北陸の広い範囲で多大な被害が発生し、多くの犠牲をだしました。この豪雨は激甚災害として認定されました。亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

 その後、本州を中心とした連日の猛暑日が続いています。例年より梅雨明けが著しく早く、それにより夏がさらに長引くと推察されます。熱中症で救急搬送された方も多数見えます。農場現場での作業は涼しいところとは限りません。十分な休息とこまめに水分補給をして、無理をしすぎないようにしましょう。


 さて、7月20日に日本養豚開業獣医師協会の活動報告会および記念講演が開催されました。今回の記念公演は広島大学の島田先生による「精子運動性の基礎研究から繁殖技術の開発」。題名の通り、人工授精に深くかかわる内容でした。

研究と言うと現場とは程遠く、対極にあるように感じることさえあります。ですが臨床現場で用いられている技術の多くは、基礎研究の積み重ねから生まれてきたものが多いことも事実です。今回発表された内容は現場に即したものでした。

お話の中には精子の運動性について新しい知見が多数含まれていました。私の中で特に印象に残ったこととしては、精漿に含まれている様々な物質の量によってその後の精子活性に大きな影響を与えるということです。過去の検査では一つの物質を1回ずつ分析しなければならなかったものが、現在では複数の物質を同時に高感度で分析できるようになってきています。

私も大学生の頃、卒業論文のために実験をしていました。過去の研究や現場から結果は推測出来ても、最終的な結果は分らないのが研究です。時間と労力を必要とする実験を繰り返さないとその結果も導き出せません。大学や民間の研究者の方々は、卒業論文とは比べられないほどの、複雑かつ綿密な研究によって新たな技術や商品の開発に寄与しています。

日本の科学研究が失速していると多方面から言われています。それでも養豚の現場的な研究をされている方々は周りに何人もいらっしゃいます。そこから得られた知見が現場で使われるかどうかは、最終的には現場での判断になります。またフィードバックすることで、研究が次のステップへ向かいます。より現場的な技術を求めるのであれば、現場の声を研究および開発へ伝える、意見のキャッチボールをしていきましょう。

この記事へのコメント