JASVブログ第273回

こんにちは。豊浦獣医科クリニック(TVC)の田村です。

今年の猛暑が明けて、秋一色、地域によっては雪も降る季節となってまいりました。

個人的に一番好きな季節が秋で、暖色に満たされた紅葉の中の散策が毎年の楽しみです。ずっとこの景色が続くといいなと思うのですが、秋というのはアッという間で、気づけばすぐ師走。すぐ年末年始。なんだかさみしくなる季節でもあります。みなさんはどの季節が一番お好きですか?


少し前の話になりますが、一般社団法人 日本養豚協会(JPPA)主催の日本養豚大学校のお手伝いをさせていただく機会をいただいたので、そのご報告をしたいと思います。今までも養豚大学校はJASVの若手獣医師が勉強も兼ねてお手伝いをさせてもらってきましたが、やっと私にもお手伝いと勉強をさせてもらう幸運な機会が巡ってきました。

日本養豚大学校の概要については下記の通りです。


「日本養豚大学校」は第一に、そこに学ぶ者が「養豚産業」の日本の社会における存在意義と責任を十分に理解し、自らの仕事に誇りをもてるような“哲学”の共有をめざして設立し、20139月に開校致しました。”(JPPAホームページより)


今開催で第5回となり、1スクール3日ずつ、5,7,9月の3期に渡り開催されました。

今年のメニューの概要は下記の通りです。

・第1スクールでは養豚人としての心構えや豚のハンドリングや体型管理、種豚や繁殖の基礎知識

・第2スクールでは栄養学やバイオセキュリティ、解剖、豚舎環境制御や糞尿処理などの各論

・第3スクールでは食肉センターや食肉大学校での肉加工について+最終課題

合計で9日間にわたるスクールではかなり濃い内容の講義が盛りだくさんでしたが、みなさん熱心に講義を聞き、質疑応答も活発に行われていたことがとても印象的でした。

募集対象者は就業後半年以上、5年以内の後継者や従業員が優先募集ということで、若手後継者や従業員の方が多く参加されていました。中には10年以上の勤続経験のある方もいて、グループディスカッションではかなりレベルの高い会話が繰り広げられていました。

弊社(TVC)の初級講座の卒業生の方も何名か参加されていて、いくつかの常連農場ではTVC初級講座→養豚大学校という研修ステップがあるようです。

講義の内容もさることながら、他の養豚場で働いている人たちとの情報交換ができる機会であり、毎晩のようにディスカッションの延長戦が繰り広げられており、得た情報を早く持ち帰って試してみたいという気持ちがあふれていて、一緒にいるだけでワクワクしました。私自身もこの気持ちをずっと持ち続けていきたいなと思いました。

卒業生が社長や場長クラスになっているころに私はどうしているかなあと思いつつ、次会う時に恥ずかしくないように、養豚獣医師として精進していきたいと思います。

最後に、このような貴重な機会を与えてくださったフォーラム22(企画運営)の中村節子様、岩田寛史様および一般社団法人日本養豚協会様そして、TVCの業務を抜けだして今回のお手伝いを応援してくれたTVCの皆様にもこの場を借りて改めて感謝を申し上げたいと思います。ありがとうございました。

この記事へのコメント