JASVブログ第274回

皆さま、ご無沙汰しております。

サミットベテリナリーサービスの数野由布子です。


ご挨拶が遅くなりましたが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

ついに平成が終わり、新しい元号を迎えるカウントダウンが始まりました。

平成生まれの私としては、自慢できるものがなくなってしまいます笑


さて、今回は昨年11月に2週間にわたり行ってきましたオランダでの研修についてお話したいと思います。

1週目はオランダの養豚事情を始め、飼料について、遺伝改良についてなどをマンツーマンでご指導いただきました。また、オランダの開業獣医師のクリニックへも連れて行っていただきました。

2週目は、日本養豚事業協同組合のツアーに合流し、農場訪問をメインに過ごしました。その中で特に印象的だったのが、少ない人数でいかに効率的に働くかということが重要視されている点でした。

日本では一貫農場の場合、母豚50頭あたりを1人で管理するのが平均になっていますが、オランダの農場の中には母豚500頭の一貫農場を1.5人で管理している農場もありました(ただし、輸送関係は外部に依頼しているため、基本的には豚の管理のみを行っています)。


オランダでこのように少ない人数で農場管理をしている背景には、豚価が安く人件費が高いため、そもそも人手をかけられないということが挙げられます。そういった背景の中、少ない人数での管理を実現できている理由、日本との違いについて、以下のように感じました。


まず、オランダでは日本と異なり、多くの生産者が同じ供給元の種豚を飼養していますが、その種豚は遺伝改良が進んでおり、繁殖成績が高いことが特徴です。多産系母豚であるため産子数が多いことはもちろんですが、生まれてくる子豚の生時体重が小さ過ぎず揃っている、母豚の泌乳力が高い、乳頭数が多いなど、母豚の特徴に関する遺伝改良の結果、管理の手間が少なくてすむことが挙げられると思います。


その他、豚の移動がしやすい豚舎構造になっていて移動作業が多くないこと、子豚出荷や一貫農場が多く農場のサイトが分かれていないことも挙げられますが、農場サイトを分けなくてもよいのには病気の問題が少ないという特徴があることを考慮しなくてはいけません。


また、日本のように野帳に手書きしたものをエクセルに入力するなどの作業の手間がなく、記録するための端末があり入力したデータはすぐに豚舎内のwifiを使って送れたり、バーコートをスキャンするなど記録システムが整っていました。これにより、手間なく詳細な情報を記録でき、それを管理に活かすことができていました。


より少ない人数で同じ頭数の母豚を管理するためには、単純に人手を減らせばいいというわけではありません。効率よく動ける豚舎、移動の手間の少ない豚舎および農場配置、病気の撲滅やコントロール、必要作業の見直し、そして計数管理・豚舎管理システムの整備が必要だなと感じました。


㈲サミットベテリナリーサービス 数野由布子


IMG_6573.jpg

この記事へのコメント