JASVブログ 第278回

いつもJASVブログをご愛読いただきまして、ありがとうございます。
今年4月に広島県にて開業いたしました株式会社ホグベットクリエイションの大久保光晴と申します。2年の時を経て、養豚業界に戻ってまいりました!・・・と言う訳で自己紹介等は省略させていただきます。

養豚業界もIT化が加速し、農場の状況をデータ(数値)で判断する機会が増えているかと思います。データを理解することはとても重要で、そのベースラインがあるからこそ、現場での的確な判断ができます。
また、時として”勘”も重要ですが、事前にデータを確認して"アタリ"を付けなければ、ただのギャンブルです。

ところで養豚現場のみならず、現代はデータで溢れており、少し頑張れば欲しいデータが容易に手に入ります。まずはこちらをご覧ください。
実質賃金指数の推移.png
完全失業率の推移.png
2020年9月に安倍内閣が総辞職し、約8年にわたる安倍首相の長期政権が終わりました。その間、様々な景気対策が打たれましたが、その効果はあったのでしょうか。
一般庶民として、それを判断するための助けとなるのが、上記2つのデータです。
8年の間に2回の消費税増税がありました。COVID-19が流行しました。東京オリンピックは延期になりました。

皆さまの感覚=”勘”は如何でしょうか?

養豚にはまだまだ伸び代があります。しかし下降トレンドの現代では、現状維持は退化と同じです。日本養豚の行方も、次世代の私たちの頑張りにかかっていると信じています。データでしっかり判断し日進月歩、ピンチを乗り越え、チャンスをものにしましょう!

この記事へのコメント